熟女はもう疲れている。

楽しく生きたい。

ネットビジネスで稼ごう!というコミュニティに入ったら失敗ばかりだったので話そうと思う。

 

ネットビジネスってなんやねん!っていうど素人が何にも恐れずネットビジネスの世界に飛び込んだら大変なことになったよ、っていうことを書いていこうと思う。

 

 


私が入ったコミュニティで推奨されているのはまず転売をやって実績を出してコンテンツにして売ろう。ついでにコンサルもやろう。というこの業界では結構、王道なビジネスでした。(そんなことも知らずに入会しました。)

 

 

結果から書いてしまうのだけれど。大失敗でした。


ポンコツな私はこちらから見れます↓↓クリッククリック!! クリックするとこないけどね。

 

とりあえず、流れ。

入会したその日から、活動を始めた。
まずは不要品を売った。1週間くらいで4万円くらいになったと思う。それと自己アフィリエイト。これも4.5万円くらいになった。
普通にすごいよね。一週間で8〜9万円くらい稼いだんだよ。でも麻痺するんだよね。周りが凄すぎて。全然まだまだって思っちゃう。

 

国内転売に活動を移した。

まずは教材(いわゆる情報商材)を買った。
分からないながらも店舗に出向いたり、ネットを探ったり。ただ価格差を見つけるだけ。簡単なように見えて難しかった。価格差なんてないじゃん!ってなる。

 

 

無料のセミナーを受けに大阪へ。

国内転売をしていたのだけれど、輸入転売のセミナーに行く。なぜなら、稼げそうだったから。笑

 

行ったら無料でセミナーをやって塾に入りませんか?と誘ってくるあれです。もちろん入りました。なぜなら、稼げそうだったから。笑

 

輸入転売を始める。


Amazonのプラットフォームを借りて輸入転売を始めた。米Amazonから買って日本Amazonで売る。
主な作業内容は出品。ただひたすら出品した。余裕があれば商品のリサーチを始める。

 

コンサルを受ける。


輸入転売をしていくためにコンサルを受けた。なぜなら、早く稼げそうだったから。笑
でも、これが最大のオワコンの原因だと思う。
コンサルを受ければ稼ぐ未来は約束されたと思ってしまった。
つまりは最大級に受け身になってしまったんだ。

 

塾に入ってコンサルまで受けたのに何者にもなれなった。

 

今頃優雅にワイハーとか行ってエステしたりお札で汗吹いてるはずだったんだ。うん。でもダメだった。稼げなかった。

 

稼げている人もいた。


自分とは違って稼げるようになっていく他の生徒さんたちがうらやましい。なんであの人が稼げるのだろう?自分よりバカそうなのに。ほとんどのみんなは独身だし直接会いたければすぐにいけるし、近くで教わることが可能だ。
自分にいたってはそんなことは無理だ。子供いるし。
なんて、環境のせいにしたこともあった。
余裕がなくなるとイライラしてくる。そのイライラが周りに伝わって家族もイライラしている。
お金を稼いでみんなで幸せになるつもりだったけれどベクトルは逆方向へ向かっているのは明らかだった。

これはなんか違うぞ。

やっと気づいたのだった。遅いな。馬鹿野郎とは私のことであった。

 

私が失敗を通して学んだこと。

 

お金を稼ごうと思うと稼げない。

 

稼ごうと思ってやるビジネスは大抵は好きではないことが多いはず。その場合、しんどくなってくる。やりたくないことをやらなければ稼げないから。そのしんどさといったらなかった。好きではないことで稼ぐことは結局は社畜と一緒なんだと気づいた。社畜のみなさまは「あー、仕事やりたくねー。トイレでモンストしたろ!」とかブツブツブツブツ言いながら労力売って稼いでいる。いつか給料が上がって生活が楽になると信じて。好きではないビジネスも同じようなもんだ。あー、いつか稼げるようになるよな。この作業やってれば。って一生稼げないから。マインドがカスだもん。

 

他人と比べても意味がない。

 

また、あの人売り上げが上がってる、とか他人ばかり意識していたら自分の評価が疎かになって、結果、PDCAが回せなくなる。他人を評価していないで自分を評価して今日の自分は昨日の自分と比べてどうだったか?に目を向ける。他人は関係ないよ。自分を一歩一歩成長させる方が大事。


一気に稼げるわけがない。

 

情報商材なんかでは最速でこれだけ稼げました、とか言って煽ってくるけどまず、無理だということを知ろう。なぜなら作者がやってきたことが100パーセント書いてあるわけではないから。無論やることが100パーセント分からないと再現できないよね。
だから情報商材ばっかり買ってる人は上辺だけのノウハウばかり買うことになって稼げない。
「稼げる」を謳っている情報商材を信じて買うっていうのがもう情弱な証なのである。 

 

 

失敗だらけだったけれども、、、。

 

失敗するかもしれないけれども、というか初めてやることなんでほぼ確実に失敗はするんだけれど「とりあえずやって」みて得られるものは確実にあった。

 

 

社会の仕組みを理解しないといけないということ。(じゃないと賢い人に騙される。)

失敗はしてはいけないものではない。失敗から学べることもたくさんあるということ。

まだまだたくさん学んだことがあるからブログに書きたい。書いておきたい。そして次の取り組みに活かして次は「成功」したい。次の取組み決まってないけど。